カルマの法則(因果応報)幸運になる方法

カルマの法則とは、自分で蒔いた種は自分で摘み取るということです。私たちはカルマという種を蒔きます。その種が良い種だった場合は良い事が自分に返ってくる。悪い種だった場合は悪い事が返ってくる。あなたの人生が好転するかしないかはあなたが蒔くカルマの種次第だということです。つまり人生で身に起きる出来事は全てカルマの法則によって成り立っているのです。

【1】感謝の気持ちを持つ

人という字は支え合うと言いますが、まさにその通りで人は多かれ少なかれ人の支えの元で成り立っています。自分一人がこの世の中を回しているわけではないのですよ。今の生活の中で当たり前だと思って生活していける中に感謝すべきことは沢山あります。些細なことに気づくことがとても大事なのです。身近な人への感謝なら言葉できちんと伝えましょう。感謝の気持ちを伝えられたことで不愉快になる人はいませんよね。感謝の言葉は習慣でも構いません。あなたの伝えたい人へ感謝をしてください。

【2】一日一善を心掛ける

漠然と良い事をすると言われても何をしたらよいのかわからないという意見も多いですよね。良い事=他人にとって役に立つ事とも言えますね。自分の体と心のために行う奉仕というより、人の役に立つ事で世の中が上手に回ることもあります。誰かの為に我慢をするということではないので誤解のないようにしてくださいね。日々の積み重ねが大きなものへと変化することもあります。意識が変わることで今まで見えてこなかったことが見えるようになります。

【3】倍返し

嫌な事をされたらやり返すときの倍返しではありませんので注意してくださいね。ここでいう倍返しは良いおこないに対しての倍返しになります。つまり、笑顔のバトンも同じことですね。楽しいこと助けられたことを誰かに倍にして返すのです。もちろん自分にしてくれた人に返すのも良いですね。あなたが幸せだと思う事で周囲の人も幸せのエネルギーを共鳴することができます。

【4】平常心を保つ

感情的になることで良い結果を生むことはありません。感情が乱れそうになる時は誰にでも起こります。そんな時いかに冷静でいることができるかなのです。嫌だと思った感情と思考は素早く行動に移される場合があります。それが悪魔のささやきでもあるのです。悪魔になる感情はあなたに誘惑をします。感情的にさせようと必死です。あなたも必死で冷静になり考えることで悪魔はあなたから離れていきますよ。感情的になりやすい人は毎朝瞑想をして心を穏やかに沈めてから1日過ごすようにしてもいいかもしれませんね。

【5】周囲を観察

同じ波長を持った人同士が集まるので、あなたが克服できていないカルマがあるとしたら周囲をみれば一目瞭然です。あなたがもし、ラッキーだと思えることが連続で起きていると思えば、問題は必ず解決されているとも言えますね。負は負を呼び、親切は親切を呼びます。いじわるはいじわるを呼び、逃げるものは逃げるものを呼ぶ。あなたの行いが正しいものかどうかは周囲をみれば判断できるのではないでしょうか。

【6】善意活動や寄付をする

欧米では、お金持ちの義務として慈善活動や寄付をすることがごく当たり前のこととして根付いています。これはカルマの法則的に見ても、理に適っている行為で、こうすることで巡り巡って、いつか自分の富につながることになります。また、現在あなたがお金持ちではなくとも、その行動をする事によって自分に必ず返って来るのです。さらに言うならばお金がない時ほど他人の為に尽くす方が良いでしょう。

最後に・・・

昔の人は、ひょっとしたら気づいていたのかもしれませんね。このカルマの法則を。なぜなら「笑う門に福来る」と言いますよね。どんなに辛くても笑顔でいなさいと祖母に言われたことがあります。辛いとき周囲に当たり散らしていたら堂々巡りですものね。あなたもカルマの法則を頭の隅にでもおいて、できることを実践してみませんか。

コメントを残す