仕事を辞めたい時 対処法9選

「仕事を辞めたい!」と思うことは必ずしもネガティブなことではありませんが、勢いや感情に任せて退職してしまうのは危険です。そこで、まずは辞めたいと思ったときやるべき9つの行動を紹介します。

【1】仕事をやめる前に休んでみる

焦って仕事をやめてしまって後で後悔しないためには、まずゆっくり休んで冷静な判断ができるようしましょう。例えば、有給休暇が残っていれば申請して休みましょう。ちょっと乱暴な言い方ですが、仕事を辞める可能性があるなら強気で有給休暇を申請できます。もし有給休暇をとらせてくれなかったら、辞めるきっかけになります。会社に雇用されている人は有給休暇を取る権利があり、会社側に有給休暇を断る権利は例外を除きありません。また、有給休暇よりも長期の休暇がほしい場合は休職する手もあります。

【2】本当に辞めていいのか考えてみる

一時的な感情の乱れではないか?冷静に考えれば辞めるほどの事もないのではないか?何で辞めたいと思ったんだろう?以上のようなことを、落ち着いて考えましょう。冷静に考えても「この仕事は辞めたい!」と思うようであれば退職準備に入りましょう。

【3】家族、友人、同僚、上司に相談してみる

仕事を辞めるかどうかは大事なことなので、家族の意見も聞きましょう。特に結婚している人は家庭があるため勢いで辞めるのは危険です。家族以外にも友人の客観的意見を聞いてみるのも良いです。昔からあなたを知っている友人なら良いアドバイスをくれるかもしれません。また、社内に相談できる人をつくっておくのも有効です。何でも話せる同僚・同期にも相談しましょう。あなたの社内での評価や、上司からどう思われているかなど想定外の意見が聞けるかもしれません。また、退職の意志が固まる前に上司に相談するのも良いです。ただし、仕事を辞めたい原因が上司であれば上司には相談しないようにしてください。

【4】ダメ元で部署移動をお願いしてみる

部署異動することで問題が解決するなら部署異動を申し出てみましょう。少々乱暴な言い方ですが、退職も選択肢にあるなら部署異動を断られても問題ありません。「部署異動できない」とわかれば退職・転職です。

【5】仕事の成果を出してから転職する

「仕事やめよう!」と決めてから余裕がある人は、最後に今の会社で仕事の成果を出してから辞めるのがおすすめです。理由は「次の転職に有利になるから」です。次の転職先に活かせる資格を取得するのも良いでしょう。スキルアップしてから仕事を辞めることで、転職活動での内定率も高まります。

【6】就業規則を見て退職できるまでの期間を確認しておく

本格的に辞めたいと思ったら、まずは就業規則を見て退職できるまでの期間を確認しておきましょう。一般的には退職を申し出てから1~2ヶ月で退職できる会社が多いです。この1~2か月は、人材を補充したり引き継ぎ業務をする期間です。現職を続けながら水面下で転職活動するときは、今の会社を退職できる期間を確認しておかないとトラブルになります。応募企業から内定がでて「来月からきてください」と言われてから、今の会社の就業規則を見たら「退職の3ヶ月前に申し出ること」と書かれていると次の会社に転職できません。最悪の場合、内定辞退をしなければいけないので就業規則は必ず見ておきましょう。

【7】辞める意志が固ければ退職届けを書く

辞める意志が強く固まっていれば退職届を書きましょう。ちなみに「退職願」と「退職届」がありますが、効力が強いのは退職届です。口頭で上司に「辞めたいんですが…」というと、引き留められて退職の話を流されてしまう可能性もあります。口頭は「言った言わない」のトラブルにもなりやすいので、書面として退職届を用意しましょう。

【8】辞めると決めたら強気で退職を申し出る

「退職を申し出たのに辞めさせてくれません…」という人がいますが、退職の申し出は従業員側の方が権力が強いので、辞めさせてくれない場合は強気でいきましょう。冷静に考えてください、あなたが会社を辞めて困るのはあなたですか?会社ですか?あなたは困りませんよね。民法では退職届を提出して2週間で退職できることになっています。従業員には退職の自由があるのです。転職活動に悪影響を及ぼす可能性が大きいですが、どうしても辞めさせてくれない場合は最後の手段「無断欠勤」があるので、無断欠勤を続けていれば解雇されます。また、上司が退職届を受け取ってくれない場合は退職届を内容証明郵便で送りましょう。ただし、民法の2週間退職や無断欠勤、内容証明郵便はあくまでも本当に最後の手段です。就業規則に従って辞めるのがマナーであり、常識です。お世話になった会社ですし、引き継ぎ業務も完ぺきにして「立つ鳥跡を濁さず」を心がけましょう。

【9】転職先を決めてしまう

退職を言いづらい人は、先に転職活動して転職先を決めてしまいましょう。転職先が決まれば退職のことを言わざるをえません。現職を続けながら転職活動をする場合は、仕事をしながら求人情報を探したり、面接の予定を組まなければいけません。20代の初めての転職は想像以上に大変です。自己分析や企業研究をプロと行える転職支援サービスを利用するとスムーズに転職活動できます。

コメントを残す