夫婦喧嘩の4大原因!?

『言葉使いや物の言い方』

相手からイラッとする言葉を言われた時、夫婦喧嘩になりやすいです。パートナーに「どうでもいい」「関係ない」などと自分に対して無関心な態度を取られ、落ち込んだり、逆にイライラしてしまった経験はありませんか? あるいは、「何でこんなこともできないの?」などと馬鹿にするようなことを言われ、怒りが沸いた経験がある方もいらっしゃるでしょう。さらには「太った」など、配慮に欠ける無神経な言葉で指摘されたりすると、どうしてもイラッとしてしまいますよね。お互いに気持ちを許しすぎて、つい遠慮のない言葉を言ってしまうこともあるかと思いますが、言われた方は傷つくものです。

また、子育てや仕事で疲れている時に、普段ならさほど気にならない言葉にもイライラして、つい言い返してしまう事も喧嘩の原因になります。お互いが疲れていると言葉づかいも乱暴になり、さらにヒートアップしてしまう事も! どうしても苛立ちを抑えられない時は一旦離れて(物理的に距離を取る、別の部屋に行く、お風呂に入る、ちょっと散歩に出るなど。無理な場合はトイレでもよいかも)深呼吸しましょう。疲れている時は相手の気持ちを思いやることも忘れてしまいがちです。夫婦はあくまでも他人ですから、お互いが常にお互いを思いやる気持ちを忘れずに、笑顔で接しましょう。

『生活態度』

脱いだら脱ぎっぱなし、食べたら食べっぱなしで家事を手伝わないのも、夫婦喧嘩の原因となります。自分自身も夫も日々疲れているのは分かりますが、一方がだらしないともう一方に対して腹が立ちますよね。夫婦で助け合って生活できるように、よく話し合ってみましょう。

『子育ての考え方が違う』

子育てに対する考え方や教育方針の違いも喧嘩の大きな要因になっているようです。習い事や遊び方、勉強のさせ方、しつけ方針など今まで別々の環境で育ったのですから、考え方の違いがあって当然です。先入観を捨て、お互いの良い点を取り入れられると良いですね。また、逆にどちらかが無関心すぎる場合も喧嘩の原因となります。何か子供に問題が起きた時、「子供の事は(相手に)任せておいた」と言って責任逃れするのも無関心な人の言い訳です。子供は夫婦で育てるもの。なるべく二人で真剣に話し合って教育方針を決められるといいですね。

『帰宅時間の遅さや、コミュニケーション不足の問題』

仕事帰りに飲みに行って帰りが遅くなることはあるでしょうが、連絡なしにされるとつらいですよね。ましてや日付が変わって深夜の帰宅や、終電を逃して外泊なんてことになれば大喧嘩のもとです。一緒に生活している以上は遅くなるなどの連絡を必ずするようにしましょう。連絡のないことで大喧嘩に発展することも多いのです。連絡をマメにしてくれれば、家で待っている側も安心します。

ただし、そんな連絡ありの飲み会も毎日のように続けばさらに悪化します。仕事上どうしようもないこともあるかもしれません。しかし、待っている方も夕飯を用意していたり、起きて待っていたりすることを考え、夕飯がいらない時は早めに連絡、遅くなる時は待たずに休むなどルールを決めるといいでしょう。それでもやはり週に1日~2日は飲み会を断って、お家で家族と一緒にゆっくり食事を摂る日を設けられるとよいですね。

コメントを残す