萩生田光一文部科学相は27日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルス感染症対策の年末年始休暇の分散化を巡り、学校に対して冬休みの延長や分散を一律で求めない考えを示した。「教育委員会などが適切に判断すべきだ」と述べた。

萩生田氏は、今春の一斉休校の影響で授業時間が足りず、現在も放課後に補習をする学校もあると指摘。経済界への要望を明言している西村康稔経済再生担当相には「学校は無理ですよ」と伝えたという。

コメントを残す

You may also like

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。