まずは白ひげ海賊団船長の「エドワード・ニューゲート」。通称白ひげ。そのまんま。常に頭にバンダナを巻いてるんですが、どうやらバンダナを取るとヒゲと同じような髪型をしているとか。

白ひげは非常に男気がある船長。他の白ひげ海賊団のメンバーからは「オヤジ」と親しまれており、魚人島など白ひげ海賊団が敢えて縄張りにすること他の海賊団からの侵略を守ったことも。

白ひげは「グラグラの実」を持つ世界最強の海賊とされ、かつて海賊王ゴールド・ロジャーと互角に渡り合った数少ない人物。何故か、ロジャー海賊団に続いてラフテルに向かわなかったものの、白ひげは空白の100年の秘密を知っている雰囲気。

そのためマリンフォード頂上戦争で死ぬ直前に「ワンピース(ひとつなぎの大秘宝)は実在する」と高らかに宣言し、海軍元帥センゴクたちを慌てふためかせた。実はあくまで白ひげが海賊団を結成したのは「家族」を作りたかっただけ。お宝は二の次だった。

まさにオヤジ。

黒ひげに倒された後、白ひげの遺体は同じ四皇の赤髪のシャンクスに引き取られて、現在はエースの墓の中に一緒に埋葬。何やかんやで白ひげは天国で幸せに暮らしているのでしょう。

コメントを残す

You may also like

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。