財布はお金を出し入れする物のため、私たちの毎日の生活に欠かせないモノ。
生活に密接に関わる「財布」は、風水面からみて、とても大事なものなんです。
「お金を貯まるようになりたい」「散財を減らしたい」と「思わぬ出費を避けたい」「金運をあげたい」と思ったら、まずは財布を変えることから!
「財布を新調する」だけでも、金運がぐんとあがりますよ。

効率よく金運をあげるには、「財布の色」にこだわることが重要です。
今回「開運パワーの強い財布」である「ラッキーカラー7色」と「新調するのにおすすめの日」を紹介します。ぜひ参考にしてください。

金運を上げるには「財布の色」に注目する

風水アイテムは「色」に注目することが基本の1つ。
色はそれぞれエネルギーを持っていて、身につけたり持ち歩いたりすることでそのエネルギーの影響を受けるためです。

自分の願いに合った色を財布に取り入れることで、金運を良くしてくれるのです。

「お金を貯めたい」なら「黄土色」財布

「お金を貯めたい」という金運UPの願いには、黄土色の財布がオススメです。

金運アップというと、黄色系の色をイメージしますが、真っ黄色の場合は要注意!
入ってくるお金だけでなく、出ていくお金も増えてしまうからです。

コツコツと確実にお金を貯めたいのなら、落ち着いた黄色か、黄土色を選ぶといいでしょう。

「給料を上げたい」なら「緑色」財布

給料・昇給したいという場合、緑色の財布がオススメです。

緑色は、才能運・健康運を高めてくれる色。才能が花開くことで仕事がうまく回っていき、金運アップにつながる色と考えるといいででしょう。

今年は仕事も充実させたいと考えている人にピッタリです。

「お金持ちとの縁を広げたい」なら「ピンク色」財布

ピンク色の財布はお金持ちの人とのご縁に期待できます。

ピンク色には人を引き寄せるパワーがあります。ピンク色そのものは開運色であるともいわれています。
「自分で稼ぐ」とは違った面での金運UPに期待できるカラーです。

ピンク色は恋愛運にも効果がある色ですから、「玉の輿婚」を狙っているのならさらにオススメの色です。

「浪費をやめたい」なら「黒色」財布

いつもお金がないのは、無駄づかいをしているから…と自覚がある人には、黒色の財布がオススメです。

周囲のものを遮断し、物を守るパワーが黒色にはあります。

黒色の財布を使うとお金をの動きを封じ込み、無駄遣いを減らすことが期待できるでしょう。無理なく、散財や浪費が防止できます。

「資産運用を成功させたい」なら「クリーム色」財布

投資や資産運用など、お金を動かすことで成果を得たいと考えていたりするのなら、クリームイエローなど淡い黄色がオススメです。

「想定外の出費を避けたい」なら「白色」財布

最近、支出が知らず知らずと増えている、ということはありませんか?スマホや家電が突然壊れた、事故や病気などで思わぬ支払いが発生したなど、想定外の出費に見舞われることもありますよね。

もしかしたら、悪い気があなたを取り巻いているのかもしれません。そんな風に感じたときは、白色の財布を持つことをオススメします。

白色には、負の気を断ち切り、運気を一掃するパワーがあるからです。

しかし、白色は汚れることでパワーが減退します。手入れを怠らず、きれいな白さを日々保つことが重要です。

「お金をコツコツ貯めたい」なら「茶色」財布

宝くじを当てたい!お金を一気に増やしたい!といったような波の激しい金運ではなく、支出を増やしたくない、貯金を死守していきたい、コツコツとお金を貯めたいと希望するなら、茶色の財布がオススメです。

茶色は大地の色なので、安定のパワーは何色にも負けません。金運の現状維持が第一なら、茶色が良いでしょう。

財布を新調するタイミングは?

買い替える財布の色が決まったら、さあ購入!
といきたいところですが、せっかくなら財布の新調日にもこだわってみませんか?

その年ごとに「金運が最強になる日」=財布を新調するのにいい日があります。

  • 一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)…何かを始めるのに良い日とされる
  • 寅の日…金運を運ぶが合わさる日
  • 天赦日(てんしゃにち)…年に数回しかない最上吉日

これらはそれぞれの年に数日しかありません。しかもそれぞれが合わさる日があり、その日が金運アップに最強とされています。

順位でいうと、

  • 第3位:一粒万倍日と寅の日が合わさる日
  • 第2位: 天赦日と寅の日が合わさる日
  • 第1位: 天赦日と一粒万倍日が合わさる日

財布を買い替えようと考えている人は、おすすめの色と新調日に買い替えてみませんか?

あなたが願ったとおりの金運アップにつながるかもしれません。

コメントを残す

You may also like

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。