岡村隆史 不適切発言

お笑いコンビのナインティナインの岡村隆史が29日放送のオールナイトニッポンで不適切な発言をしたとして今日30日の同番組で謝罪する事が明らかとなった。

今、世間ではコロナウイルスが深刻化している中、コロナウイルス関連の話しをネタとして持ち出したのはお笑い芸人としての職業病かもしれないが、やはり一般の方々は本当に生活が苦しくて辛い思いをしてる以上こういう話しを持ち出すのは良くないだろう。

今回の岡村隆史の発言は正直弁解の余地がなく謝罪をして当然の結果だ。少なくともNHKの番組ではNGでしょうね。

新型コロナの影響で住宅ローンが払えない

新型コロナウイルスの影響で収入が減った人からは「住宅ローンを払えない」という相談が関係機関に相次いでいます。住宅金融支援機構では返済期間を延長して月々の返済額を減らすなどの対応を始めました。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、企業が従業員を解雇したり勤務時間を減らしたりする動きが広がり、収入が不安定になる人が多くなっています。

住宅ローンを扱う住宅金融支援機構によりますと、支払いに関する相談件数はことし2月はおよそ20件でしたが、先月はおよそ200件、今月はすでにおよそ1200件と急増しています。

具体的には「今月分の支払いを1か月ほど待ってほしい」「今後収入が減ることが心配なので、ボーナスでの返済を取りやめたい」などとして、計画どおりローンを払えないことを切実に訴える内容が多いということです。

住宅ローンの相談にあたっている東京都内の会社にも問い合わせが相次ぎ、中には支払いの見通しが立たず自宅を売却することを検討する人も出ています。

住宅金融支援機構は、勤務先の業績悪化で収入が減った人などについて最長で15年返済期間を延長し、月々の返済額を減らすなどの対応を始めていて、担当者は「今後さらに深刻な事態になることも予想される」と話しています。

最新 iPhone SE おかえり 

iPhone SEの第2世代モデルは、2017年9月に発売されたiPhone 8のデザインにiPhone 11の性能を搭載したスマートフォンです。第1世代のiPhone SEはiPhone 5sのデザインで性能はiPhone 6sを搭載したスマートフォンでした。

画面サイズは第1世代の4インチから4.7インチに大型化しており、現在のスマホとしては4.7インチでもコンパクトなサイズだと思います。

カラーはブラック、ホワイト、レッドの3色が準備されています。

iPhone SEのカバーやケースについてもiPhone8と本体、画面ともに同じサイズの為、問題なく使用が可能です。

保護フィルムや強化ガラスについては、iPhone SE2とiPhone8、iPhone7、iPhone6s、iPhone6はディスプレイが同じサイズですが、同じ保護フィルム、強化ガラスフィルムが使えるとは限りませんので注意が必要です。

今回の新作は何と言っても、約2年半ぶりにiPhone8シリーズ以前では当たり前だったホームボタンが搭載されています。これにより、ホームボタンでの指紋認証に対応しています。

シャープマスク抽選販売

シャープ28日に専用のサイトで27日に受け付けたマスクの抽選販売が予定数の約120倍になる約470万件の応募があったと発表した。

1箱50枚入りで税込み価格3278円、送料660円。

第1回の抽選販売は3万箱予定していたが、多数の応募により4万箱に増量した。第2回以降の抽選販売も今後予定しており、実施予定、実施方法については専用サイトから確認できるとのこと。

布マスク配布4% 26億円で受注

日本郵政の増田社長は27日の記者会見で、政府が全国5000万超の全世帯無料配布を決めた布マスクの配送先について、居世帯宛てなどを含め約6300万カ所に上ると明らかにしました。

布マスクは1世帯2枚ずつ配送され、全国1100の郵便局に納入され次第、配達員10万人規模で各家庭に届ける仕組みです。増田社長は「可能な限り速やかに配達する必要がある」との考えを強調しました。

政府は布マスクの確保と配布に掛かる経費を当初466億円と見積もっており、増田氏は27日の会見で、日本郵便の受注額が約26億円と明らかにしました。

世界コロナ感染者300万人 死者20.5万人超える

ロイターの集計結果によると新型コロナウイルスの世界全体の感染者数が27日時点で300万人、感染による死者が20万5000人を超えている事が判明しました。

1日当たりの平均感染者数は8万2000人。これまで確認された人のうち7人に1人が死亡しているが、症状が軽かった人や症状が全く出なかった人などが感染者数に含まれていないため、実際の死亡率はこれよりも大幅に低い可能性が高いです。

中国では収束しつつあり、26日に確認された感染は3件にとどまったほか、中国国家衛生健康委員会は同日、武漢市で新型ウイルス感染症の入院患者が全員退院し、ゼロになったと発表しました。一方、中南米とアフリカでは世界平均を超えるスピードで感染が拡大し、メキシコでは感染者数は前週は7─10%増加し、合計で1万3800人になったほか、ブラジルでは26日に感染者数が6万人を超えました。



緊急事態宣言から3週間

東京都では新型コロナウイルスの新規感染者数が2日続けて2桁台にとどまりました。

しかし、29日から大型連休に入るため国民に緩みが出る可能性があると政府は懸念しています。安部首相は27日の衆院本会議で「緊急事態の早期収束に向け、今が非常に重要な時期だ」と強調しています。

政府は今週内に専門家会議を開き、5月6日の緊急事態宣言の期限を延長するかどうかについて、判断する方針です。

都内で確認された新規感染者は17日に最多の201人を記録し、その後100人台で推移していたが、26日は72人、27日は39人と落ち着きを見せています。緊急事態宣言が東京などに発令されて28日で3週間がたちます。政府高官は「減っているのは間違いない。今後もこの傾向が続くだろう」と述べ、対策が一定の効果を上げているとの見解を示しました。

一方で収束の見通しは依然として立っておらず、東京など都市部で再び人の動きが活発化すれば、全国へ感染が拡大する可能性があります。
首相官邸関係者は「連休中の数字も見ないと分からない」と語り、今後の推移を注視する考えを強調し、自民党幹部も「一番危険なのは、緩んで人が外に出ていくことだ」と指摘しました。菅義偉官房長官は27日の記者会見で、東京での新規感染者減少が緊急事態宣言に与える影響について「現時点で判断は差し控えたい」と言及を避けました。

今後の政府の動きに注目です。 

仙台でホームレス増加!

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて仙台市内で路上生活者が増加中との事です。この問題は他人事ではないような気がします。明日は我が身です。休業、自粛に伴う倒産、失業者、犯罪者、自殺者が今後は増えていくと思われます。政府は五輪なんか中止にして、ホームレス用の宿泊施設や食料配布等にお金を使い、早急に対応するべきだと思います。また後手と言われない為に、今後の政府の動きに注目です。